top of page
抽象アーキテクト
販売分析.png

販売実態調査

         ▶ 特定製品(サービス)の販売に関する実態を多方面から分析調査します。            
         ▶ 調査実施地域 → 日本・中国・アジア地域

1.販売実態調査の目的 

​1)競合製品(サービス)販売実態を調査分析する

  • ​競合製品の売上実績や売上推移、価格構成、販路、購買層などを詳細に分析することで、自社製品の営業戦略に欠かせない重要な情報となります。
     

  • ​競合企業の販売戦略や営業方法、ターゲットなどをキーマンより取材調査します。

2)新規取引のための情報を得る

  • 新規販売先候補(企業)における競合製品の保有台数、メーカー、価格、購買頻度などを分析することで、効果的な販売戦略が立てられます。
     

  • 調達部門のキーマンへの取材を通して、取引条件や市場 トータル、現状の問題点、新規取引先への希望などを明らかにします。

​3)特定地域における「市場トータル」の分析

  • 製品(サービス)の市場動向を詳細に調査分析します。

    →市場規模と推移、業界構造、参入企業、製品シェア、競合概要、実勢価格、流通構造、 
    ​ 需要予測など 

2.販売実態調査の項目 

売上

販売数量 売上金額

​国・地域・顧客別

​売上推移 売上予測

輸出入

税関データ 企業保有データ

仕向地別仕様 ​海外関連会社

​海外販売推移・予測

価格

標準価格​ 卸売価格

実勢価格 ​顧客別対応

​競合製品比較

購買層

国・​地域別 年齢・職業別

購入動機 競合製品比較

​インタビュー調査

販路

販売子会社 商社

代理店構成 地域別対応

取扱品目 各種契約内容 

保有状況

国・地域別 ユーザー・企業別

​ユーザー情報 企業情報

保有台数推移・予測

3.販売実態調査の事例 

1)「競合製品の国内販売・輸出販売実態調査」

   調査概要
​   ・競合製品を製造する企業A社(日本企業)の、製造開始からの国内販売・輸出実績
   ・A社の販売ターゲットとしての業種・製品の使用方法を明らかにする
   ・今後の販売計画と国内・国外での営業方法
   依頼企業  機械設備関連企業(日本) 
   調査地域  日本
​   調査方法  対象企業の営業部門への訪問取材、同業他社2社へのヒアリング調査
   調査期間  30営業日
2)「競合製品ラインアップと販売代理一覧」

​   調査概要
        ・競合製品(中国企業2社)の製品ラインアップ(実勢価格含む)と販売代理店の一覧
​    ・販売代理店との資本関係、取扱品目、取引条件、外資企業との取引実績  
    ・2社の経営計画と購買計画の概要
   依頼企業  住宅設備関連企業(日本)
   調査地域  中国 
   調査方法  2社の営業部門・経営戦略部門への訪問取材
   調査期間  40営業日
3)「競合製品の輸出実績調査」​

   調査概要 
​    ・競合である中国企業B社に対し、欧米企業を主とする輸出実績を調査する
    ・輸出時の販売ルートと、欧米での最終ユーザー情報
    ・B社幹部への取材により、今後の海外販売戦略を明らかにする
   依頼企業  化学プラント関連企業(日本)
   調査地域  中国
   調査方法  B社の総経理と海外営業部門への訪問取材
​   調査期間  30営業日  
4)「競合製品の現地実勢価格調査」

   調査概要
​    ・海外販売戦略の一環として、競合する商品の現地における実勢価格を調査する
    ・特定販売代理店の契約条件、取扱品目、外資企業との取引実態
    ・商業施設や路面店での品揃え調査、現地消費者の嗜好等に関するヒアリング調査 
   依頼企業  食品関連企業(日本)
   調査地域  ミャンマー・タイ・インドネシア・ベトナム
   調査方法  各国の店舗における各種聞取り調査、販売代理店2社への訪問取材
​   調査期間  40営業日
5)「特定大型建設機械の保有台数調査」

   調査概要
    ・中国全土における特定大型建設機械の保有台数(企業別)
    ・大手企業5社の保有台数状況(メーカー別)
    ・大手企業5社の購買台数の推移と今後の予測
   依頼企業  建機関連企業(日本)
   調査地域  中国
   調査方法  中国内関係機関と業界団体のデータバンク、企業5社への訪問調査
​   調査期間  40営業日 

4.調査方法 

  • 企業への訪問調査を基本とします。さらに、政府部門や統計機関、業界団体、税務当局、金融機関等から提供されたデータを精査の上、精度の高い分析を行います。
     

  • 日本市場のリサーチでは、国内大手リサーチ会社で30年の実務実績を持つ調査員が、各産業界の企業・業界動向・製品の調査を行います。
     

  • 中国・アジア市場では、パベル上海を中核として、各国・地域に駐在するリサーチャーとともに現場重視の調査活動を行います。

​調査ご依頼
図2.png
クライアント様
​調査ご報告
​お打合せ・調査実行
Watermark Small.png
調査レポート作成
データ収集 共同分析 関連情報入手
建物2.png
中央・地方政府
​統計・税務部門
人物3人.png
業界団体
​金融機関
​ヒアリング   訪問調査
建物2.png
特定企業
​キーパーソン

​販売実態調査の詳細につきましては、こちらからお問合せください。 

bottom of page