リサーチ・分析

 

企業分析

競合企業・注目企業・提携先候補等に対してその経営実態を明らかにすることは、経営戦略上重要な情報源となります。
当社では、独自のルートを構築し、既存データでは知り得ない企業情報をもとに細部にわたる企業分析を行っております。
データの入手には、政府系情報機関や中央政府機関、業界団体や地方政府組織、税務当局、金融機関等長年にわたり培われた情報網を駆使し、最新の情報をお届けしています。
​企業実態調査
  • 競合企業や先行企業に対し、さまざまな角度からの実体分析が可能。

  • 進出を計画する地域の企業の実態を把握。

  • 競合となる企業の強みや弱点の理解。

  • 複数の企業に対して同一項目を比較検討・分析することも可能。

  • 企業実体を把握することで、国・地域に特化した経営戦略の立案に貢献。

  • 事前の御面談にて詳細を伺い、有効な調査ルートと調査方法をご提案します。

​企業経営分析・与信管理・信用調査
  • 現地企業の財務状況を明らかにします。

  • 与信管理や営業開拓の基礎データとしてご活用ください。

  • 中国及びASEAN各国に対応しておりますが、国・地域により調査可能性及び、調査項目が異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。

  • 中国企業与信管理レポート「信用調査」については、こちらをご覧ください

製品分析

 
自社の競合製品や注目製品やサービスについて、その実態を明らかにします。
売上状況、顧客状況、販路、輸出入データ等細部のデータを分析し、自社製品(サービス)との比較を行うことができます。
また、先行する企業の製品開発力や生産体制の強みを分析することにより、今後進出を図る国・地域における事業立案に生かすことができます。
​販売実態分析
  • 製品やサービスにフォーカスし、売上データの多面的分析、代理店構成や販路実体を解明します。

  • 代理店契約形態など、国内販売実態を明らかにしていきます。

  • 輸出入データを分析することで、当該製品をグローバルな視野で分析。

  • 代表的な調査項目は下表のとおりですが、ご要望に応じてカスタマイズ致します。

​製品実態調査
  • 主に競合製品にフォーカスし、部材の調達状況や製品のコストを分析します。

  • 部材の仕入れルートや仕入れコストを明らかにし、自社製品と比較分析します。

  • ユーザー別の仕様変更や、各種規制への対応策を分析し、当該製品の製品力を検証します。​

市場分析

 
ターゲットとする地域における自社製品(サービス)の市場性、需要予測を多面的に分析します。
分析が困難だったニッチな業種の市場分析にも対応し、幅広い産業への対応が可能です。
取引先開拓調査は、新規顧客の拡大や優良な調達先の開発、OEM等新規提携先の発掘などの分野において、現地での営業展開を支援いたします。
現状分析・マーケット予測
  • 対象製品及び同類製品、競合製品などに対して、さまざまな角度から現状分析を行います。

  • 国別・地域別、顧客別、製品別、モデル別、など目的に合わせ細分化したマーケット分析を行います。

  • 当該製品の販売価格・卸売価格を割り出し、自社製品との比較を行います。

  • ユーザー別に保有台数を調査し、販路開拓の基礎データとして活用します。

  • 細分化された現状分析をもとに、将来の売上予測を行います。(各国の研究機関との連動)

​取引先開拓調査
 
  • 販売先開拓・調達先開拓・業務提携先開拓等調査により、新たな取引先を開拓します。

  • これから進出される地域においては、販売先、パートナー企業の基礎データとしてご活用ください。

  • 既に業務を営業をされている地域においては、新規開拓のためのツールとして重要です。

  • 取引先候補企業へのアテンド、契約業務など、付随するサービスも提供しております。​

1.取引先になり得る条件の精査​ 

  立地、年商・資本金の規模、取扱品目、外国企業との取引実績、外国語対応状況

  など、取引先に適合する条件をお聞きします。​

​  当社より、地域の特色に合わせたアドバイスも行います。

2.第1次スクリーニング

  条件に適合する企業のロングリストを​作成します。

​  企業選定には、各国・地域の政府系情報機関、関連当局、業界団体などから最新

  の企業データを入手し、精査した上でリストを作成します。

3.第2次スクリーニング

​  上記ロングリストをご検討の後、さらに絞り込みの条件をいただいた場合は、

  2次リストを作成します。ご希望により、企業訪問、現場視察、幹部との面談、​

  取引意思の確認、財務評価などの業務も承ります。

4.取引先の決定/契約

​  取引先の決定にあたり、相手方企業との各種契約条項の締結業務も承ります。

  当社および中国法人(パベル上海)の有する法律専門家のアライアンスにより、

  各種アドバイスをご提供します。

​ユーザーニーズ調査

自社製品のユーザー(企業)の声をもとに、製品・サービスの満足度の実態に迫ります。競合製品との比較にも有効な方法です。
また、一般消費者に対してのインタビュー調査では、その地域の消費動向について生の声を分析することができます。
​当社では、各国・地域でのユーザーニーズ調査のアレンジと調査分析レポートの作成をいたします。
​ユーザー企業訪問/グループインタビュー調査 

1.お客様との事前打ち合わせ​ 

  調査項目、調査対象人物、調査時間、調査実行場所

  クライアント参加型or当社主催型、競合製品の選定

2.調査対象への調査依頼

  インタビュー日程調整、人員スケジュール調整 

3.インタビュー当日

  会場設営、参加者送迎 

  司会進行(国外調査の場合、通訳業務含む)

4.調査結果集計

  調査終了後、3営業日で調査結果を集計します。

​  必要により、調査当日の画像・動画の作成を承ります。

5.調査結果報告

​  会議終了後、5営業日でレポートを提出します。

  (国外調査の場合、日本語翻訳版を作成します。)

​インターネット調査

11の国・地域でのインターネット・リサーチを行います。
特定の製品・サービスへのユーザー評価をもとに、自社製品の位置づけや競合製品の強みを明らかにします。
さらに潜在ニーズの発見により、製品改良や新製品開発の重要な情報を得ることができます。
中国本土でのモニター数は、約175万件。その他ASEAN地域、韓国、インドのリサーチにも対応いたします。
​調査対象国/調査方法 

1.調査内容の検討​ 

  調査課題の整理、調査項目の検討

​  ​調査対象者の決定、調査票の作成

2.調査実行

  調査対象の抽出、調査票の最終チェック、

  実行国との最終調整、調査開始

3.データ集計

  データ集計ツールの起動

  リアルタイム集計/カスタマイズ集計​

4.データ分析・​レポート作成

  データ分析、課題の検討

  簡易レポート/カスタマイズレポート​

© 2019 PABEL JAPAN Inc. 

アクセス

〒101-0052 東京都千代田区

神田小川町2-8-20光輪ビル4階

 

​パベルジャパン株式会社

電話番号:03-5217-2728

ファックス: 03-5281-7655 

  • Twitter Social Icon