• n.pabel

中国スターバックス 2025年までに9千店に


     (天津の旗艦店)


米コーヒーチェーン大手スターバックスは、2022 年 9 月 14 日、投資家向けイベントで、 「2025 年中国戦略ビジョン」を発表。星巴克企業管理(中国)の王敬英董事長は、将来の成長に自信を持っていると語りました。


スターバックスはこの10年、中国本土での出店を加速させており、9月末には6千店に達する見通し。

25年までに中国本土の300都市に3千店を新規オープンし、計9千店に増やす。

これは、9時間ごとに1店を出店するペースとなる。


新店舗のうち約2500店は持続可能な発展の理念を徹底した「グリーナーストア」とする。

2025年には中国での会員数を1億7,000万人にすることが目標。(2022年度8,500万人)


2025年の世界総店舗は4万5,000店になる見込み。(中国の店舗数は全体の2割程度)

中国店舗の投資回収期間は、2年以内になるとの予測も示した。


江蘇省昆山市で建設中のコーヒー焙煎工場とスマート物流拠点などを一体化させた「コーヒーイノベーションパーク」を来年夏に稼働させる。

投資額は約11億元(1元=約21円)。

稼働後は中国でのコーヒー産業チェーン全体の現地化が完了する。


このほか、3年以内に中国本土で初めてとなるデジタル技術イノベーションセンターを設立する計画も掲げる。

投資額は約14億6千万元を見込んでいる。


(出所)中国経済周刊 2022.09.14

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1743939281131979489&wfr=spider&for=pc





一方、コロナ禍での中国事業は大変厳しいようです。

2022年4~6月期は、ロックダウンなどの防疫対策が影響し、中国の「既存店売上高」が44%減となりました。


2022年4~6月期の決算によれば、グルーバル売上高は81億5000万ドル(約1兆768億円)と前年同期比8.7%の増収を達成。

純利益は9億1300万ドル(約1206億円)と同20.9%の減益だった。


2022年7月初旬時点の店舗数はアメリカが1万5650店、中国が5761店に上り、両国で全世界の店舗数の6割を占めている。


4~6月期の二大市場の業績は明暗が分かれた。

アメリカの既存店売上高が前年同期比9%増加。

中国では新型コロナウイルスの流行を封じ込めるためのロックダウン(都市封鎖)などの影響が大きく、既存店売上高が同44%も落ち込んだ。


4~6月期の中国市場での(新設店舗を含む)売上高は5億4500万ドル(約720億円)と、前年同期比40%減少。

商品のオーダー数も同43%減少したが、客単価は同1%の低下にとどまった。


スターバックスは近年、客単価を引き上げるために値上げを繰り返している。

北アメリカ市場では2021年10月と2022年1月に値上げを実施し、年内にさらに数回の値上げを計画している。

中国市場では2022年2月、一部の飲料や食品の価格を1~2元(約20~40円)ずつ値上げした。



(出所)財新 Biz&Tech  2022/08/25

https://toyokeizai.net/articles/-/612271

0件のコメント