• n.pabel

中国「生き残る新興EVメーカーは3社だけ」


中国の新興電気自動車(EV)メーカーの小鵬汽車は8月27日、アメリカ・ニューヨーク証券取引所へ上場。

資金調達額は15億ドル(約1600億円)。

上海蔚来汽車(NIO)は、2018年9月にニューヨークで上場、理想汽車は、今年7月にナスダックに上場。

アメリカでは、中国のEVスタートアップ企業が3社上場した。

中国政府の新エネルギー車(NEV)政策に乗り、多くの企業が続々とEV開発に乗り出し、直近5年間に誕生した新興EVメーカーは50社を超えた。

しかし、新型コロナウイルスの影響や外資系メーカーの参入、市場の競争の激化により、明暗が分かれている。

2014年から2018年までの5年間に前途汽車、奇点汽車、BYTON汽車、零跑汽車など多くの新興EVメーカーが創業。


2019年、NEV乗用車メーカー66社のうち、生産台数1万台以上メーカーが18社、

NEV商用車メーカー141社のうち、生産台数1000台以上メーカーが22社にとどまる。

中国政府が2019年7月から、NEV補助金を大幅に減らしたことから、同年の販売台数は初のマイナス成長を記録。


2020年1~7月の販売台数(登録ベース)では、

NIO(1万7628台)が新興EVメーカーの首位を維持。

2位は理想汽車(1万2184台)

3位は小鵬汽車(8185台)、

IT企業から参入した3社は新興EVメーカーの上位を占めている。

一方、販売台数3000台を超えた新興EVメーカーは5社にすぎず、研究開発や試作段階にとどまっているメーカーも少なくない。

多くの新興EVメーカーはEVを量産できない状況が続いており、また一部メーカーは品質問題が多発し、消費者の信頼を損なっている。

一方、テスラは上海でEV最大生産能力50万台を誇る巨大工場「ギガファクトリー3」の稼動を皮切りに、中国市場の攻略に向けスタートを切った。

この先、競争は一層激しさを増し、新興EVメーカーの淘汰は加速する。

(出所:中国の「新興EVメーカー」生き残りに必要な条件 東洋経済 2020/09/18)