市場調査

 

当社の行う市場調査は、公開データが少ないニッチな産業や特殊な製品についても、その市場性を明らかにいたします。さらに、時系列で市場シェアを分析し、将来の市場規模の予測も行います。

各国の政府機関・政府系データバンク・業界団体などと連動しデータの共同分析を行うほか、ターゲット企業への取材を含めた現場重視の調査を行います。

市場調査

情報が簡単に入手できる時代になったといわれますが、営業戦略上ほんとうに必要な情報にたどり着くのは容易ではありません。

経済系のニュースでは、情報源がある意図をもって発信するデータをそのまま転載する例もあり、また、取引先や同業者間の情報も、ターゲットの実態を反映するとは限りません。

調査対象とする企業や製品・サービスなどの実態は、できる限りその現場に踏み込み、生の声や情報を入手し分析することすることにより浮き彫りになります。

当社では、ターゲットをあらゆる角度から調査・分析するために、調査目的別に効果的な調査方法をご提案しています。一般に情報入手が困難といわれる特殊な製品・市場につきましても、その市場性を明らかにして、将来の市場規模予測も行っております。

調査対象をあらゆる角度から調査・分析
調査目的別に調査方法をご提案
調査ルート
​最も効果的な調査ルートを構築・ご提案

各国の政府機関・政府系データバンク・業界団体等のデータと連動し、公開データが少ないニッチな業界や、特殊な製品についても、その市場性を明らかにします。

​​また、コンタクトが難しい企業への訪問調査を実行することで、最新の企業動向を詳細に調査いたします。

当社がリサーチを行う国・地域においては、国情や地域のビジネス環境に配慮した調査ルートを構築しております。

調査のルートはさまざまですが、大きく分けると以下の方法により、調査対象の実態に迫ります。

1.中央・地方政府、税務部門、統計部門等の有するデータを照合し、共同分析を含め独自の分析を行う。

2.企業・業界団体、銀行、キーパーソンへ等の聞き取り調査、企業内部への調査を行う。

3.一般消費者やユーザーへの聞き取り調査を行う。

調査お見積りの段階では、​お客様のご要望(調査内容や深度など)を充分にうかがい、その都度、より効果的な調査方法をご提案いたします。

​調査ご依頼​
​調査ご報告
お客様
Watermark Small.png
データ収集
​共同分析
​現場調査
​情報精査
補完情報
​最終チェック
中央 地方政府
​税務 統計部門
個別企業 業界団体
​金融機関 キーマン
消費者
​ユーザー
​ユーザー企業
​調査実績(代表例)
自動車メーカー             「3大都市における企業別自動車保有台数調査」                          (中国)
 
食品メーカー     「地域別市場規模、自社商品の販売可能性、競合のマーケットシェア調査」      (中国)
 
飲食関連企業           「商業施設における競合ブランド売上、出店コスト、各種規約」                 (香港)
 
家電関連企業             「通信産業概要、大手3社売上動向、提携先、主要顧客」                      (マレーシア)
 
IT関連企業                「ICT教育現場と関連企業の実態調査」                      (ベトナム   インドネシア)