人物調査

 
海外の人物に関する情報は非常に限られます。特に新興国では、企業信用調査が不完全な場合もあり、人物に関する情報が不足する傾向にあります。
現地のパートナー企業、業務提携を模索する企業のトップや重要人物などの客観的な評価を行うことは、リスクヘッジの上でも欠かせないポイントです。
さらに、現地採用予定の人物など、注意を払うべき対象への調査も重要です。​

人物調査

キーマンの経歴(学歴、職歴、賞罰歴)、家族関係

経済的側面(年収、投資状況、等)

社内の評価、業界評価、社外の交友関係

調査対象企業の派閥、政府・関係機関との関係

現地採用予定の人物調査

特定人物の素行・行動調査

調査実績(代表例)
プラント関連企業     「創業者の経歴、社内影響力、政府との関わり」                (インドネシア)
 
建材メーカー       「総経理候補者の経歴」                    (中国)
 
食品関連企業       「集団企業総裁との関係、個人の投資状況」           (中国)
 
化学薬品メーカー     「研究員の素行調査」                     (中国)
 
IT関連企業        「キーマンの経歴、投資状況」                 (中国)